クエストリー・ブランディングプロジェクト契約のご案内
「小さな会社がブランドになる」ための4つのシナリオ

人口減少、少子高齢化、成熟市場、膨大な情報……変化の激しい経営環境のなかで、小さな会社の経営の舵取りは多様化し、複雑化してきています。

これまでの正解が通用せず、自ら正解を創出することが求められるいま、何をよりどころにして経営を進めたらいいのでしょうか。

私たちは小さな会社に求められる経営のシナリオは「ブランディング」にあると考え、これまで数多くのプロジェクトに取り組み、成果を上げてきました。

プロジェクトの実践やブランディングクラブの活動を通じてつくり上げてきたのが、「小さな会社がブランドになる」ための次の4つのシナリオです。

ワークショップを交え、実践的にプロジェクトを進めます

ミッションの確立
ミッションとは、ブランドの中心軸であり、目指すべきお客さまから選ばれる理由につながります。ミッションの確立のコンサルティングを行います。
ミッションの育成
「自らが計画を立て、チェックし、改善し、目標の達成に責任を持つ」、これを実践する人とチームづくりのコンサルティングを行います。
ファンづくりの仕組み化
ファンは社内と社外に存在します。前者はミッションの育成を通じて、ここでは「客がファンになる」ための仕組みづくりのコンサルティングを行います。
世界観の構築
顧客接点の仕組みづくりを、「整理」「整頓」「設計」「統一」「継続」「共育」「感化」の7つのステップでコンサルティングを行います。

【ブランディングプロジェクト契約の内容】

契約期間は取り組み内容に応じて異なります(6ヶ月間以上)
契約金額は取り組み内容に応じて異なります
契約の合意後に、契約書(覚書)を交わし、双方1通ずつ保持します

【ブランディングプロジェクトの進め方】

個々の状況に基づき、上記の4つのどれに取り組むかを話し合います
プロジェクトの概要をまとめた契約の基本フレームを提示します
基本は月一度のミーティング(オンラインも併用)で進めます
プロジェクトのメンバーを決め、正式にプロジェクトがスタートします