クエストリー・アドバイザリーボード契約のご案内
状況を話し合う 課題を整える 道筋を見つけ出す

囲碁由来の「岡目八目」という言葉があります。「当事者たちよりも第三者の方が、物事を客観視しているため、正しい判断をくだせる」という意味です。

経営も同様です。問題の渦中にいる当事者は、起こっていることで頭がいっぱいです。しかし、傍から見ている第三者は冷静で、客観的な判断ができます。

アドバイザリーボードは岡目八目の役割を持っています。これまでのプロジェクト、中小企業の取材、クラブコンテンツなどに基づき、アドバイスを行います。

毎月2回のオンラインミーティングを開催

  • Web会議室システムを使いオンラインで行います
  • ミーティングは1回当たり90分間です
  • 日程は相互のスケジュールを調整して決定します
  • レコーディングデータでミーティングの内容を復習できます
状況を話し合う
目の前の案件に追われてしまうと、物事の判断基準が浅くなります。
まずは会社の状況、経営課題について自由に話し合います。
課題を整える
これまでの正解が通用しない時代です。新しい答え探しで悩んでいる経営者が少なくありません。
答えの前に大事なのは、何が課題なのかを考えます。
道筋を見つける
多くの課題は複雑で相互に絡み合っています。それをときほぐし、どうなれば解決された状態になるかを考え、
自社にあった解決の道筋を見つけ出します。

【アドバイザリーボード契約の内容】

3ヶ月間が契約の単位となります
3ヶ月ごとに契約更新あるいは契約終了を話し合います
契約料は1ヶ月55,000円(税込)です
3ヶ月分の165,000円(税込)を契約開始の前月にご請求いたします