小さくても光り輝くブランドをプロデュースする

 

News画像


画像 2018年1月17日(水)開催
ブランディングセッション
働き方、人、事業、地域、時代……
いくつもの枠を超えて、価値を再構築(リノベーション)する


 

 

Network画像


ブランドになるためのプラットフォームを提供する

ブランディングクラブ画像

 

「クエストリーブランディングクラブ」は、光り輝くブランドになることを目指す仲間と共に、“学び・考え・行動”していく場所です。

 

メルマガ画像

 

 

 

 

株式会社クエストリー

〒104-0045
東京都中央区築地1-8-1
亀井橋ビル6F  
TEL:03-5148-2508
FAX:03-5148-2705
HP:http.questory.co.jp
≫地図で見る

 

7月度ブランディングセッションTOP画像

 

◆ 他社と競い合って売上やシェアを奪い取ることがビジネスの原則と考えがちですが、ビジネスの真の意味は、「価値を生み出す」ことにあります。ブランド力があり、本当に優れた会社は、売上や規模といった数値の追求ではなく、社会の役に立つ価値とお客様の喜びをビジネスの原則にしています。
◆ いま中小企業のブランディングで求められているのは、お客様から「選ばれる理由」をはっきりとさせた「立ち位置」の明確化です。この経営軸を基点に新しい価値を生み出していくことが、同質化競争から抜け出す重要なカギとなります。
◆ 7月度ブランディングセッションでは、造り手(生産者)と使い手(消費者)との距離を縮め、関わる人々を幸せにする「つなぎ手」としての立ち位置の作り方を学びます。特別ゲストには、「つなぎ手」の役割を明確にすることで、お客様・取引先との信頼関係を築き、新しい市場を切り拓いている「職人醤油」の高橋万太郎氏をお招きします。

 

ゲスト講演画像

高橋万太郎さん画像

特別ゲスト講師
高橋 万太郎氏
㈱伝統デザイン工房
代表取締役

造り手と使い手の距離を縮めることで
高級醤油がおもしろいように売れる!

第一部のセッションでは、全国各地の有名な醸造元の「職人がつくった醤油」にこだわり、実店舗とECサイトで販売している「職人醤油」の高橋万太郎氏(伝統デザイン工房 代表取締役)をお招きし、「つなぎ手」としての役割とその具体策をお話しいただきます。


高橋 万太郎氏のプロフィール 1980年前橋市生まれ。立命館大学経済学部卒業後、大手精密電子機器メーカー、キーエンス入社。営業職で3年の勤務の後、退社。2007年に伝統デザイン工房を設立し、日本の伝統・地場・地域産業の価値を普及させるための仕組みづくりを開始。一升瓶で販売が一般的だった蔵元仕込みの醤油を100ml入りの小瓶で販売する「職人醤油」を運営。前橋本店、松屋銀座店の2店舗を構える。
職人醤油画像
HP:http://www.s-shoyu.com/

 

ディスカッションタイム画像
第一部のセッションを受けて、自社ならどのような「つなぎ手」としての役割や提案が出来るのかを、参加者同士でディスカッションします。セッション終了後は、明日から取り組める具体的な方法が見えてきます。

過去のセッション画像

 

 

7月度ブランディングセッション
※本セッションは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

日程:2016年7月7日(木)
時間:13:30〜17:00(受付時間13:10〜)
会場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ミモザ
〒104-0061 東京都中央区銀座2-15-6

●受講料
・お一人様:7,000円(税込)
・ブランディングクラブ会員/正会員:無料 メディア会員:5,000円(税込)

※参加受付後、請求書を発送させていただきますので、到着後1週間以内に弊社指定の銀行口座へお振込ください。(お振込手数料はお申込者様のご負担となります。ご了承ください)
※お振込確認後、開催日5日前までに受講票をメールをお送りさせていただきますので、当日ご持参ください。

《ブランディングクラブとは?詳しくはこちら》
《これまでのセミナー&セッションの一覧はこちら》